Suika2はWindows95で動く

前回の記事では、Suika2を1行書き換えるとWindows98でも動作することを明らかにしました。そこで今回は、Suika2がWindows95でも動作するのか検証してみました。

用意したもの

  • PC98エミュレータ (Neko Project 21/W)
  • Windows95環境
  • DirectX 6.1インストーラ

まず、素のWindows95では、Suika2のプログラムの実行を開始できませんでした。Suika2はDirectXのDLLを参照しているため、これを持っていない素のWindows95では起動できなかったものと思われます。

次に、DirectX 6.1をインストールしました。本当はWindows98に載っている最低バージョンであるDirectX 5.0でいいんですけど、たまたま手持ちの中で一番バージョンの低いものがこれでした。

そして、suika9xを起動すると……

動きました!音声も出力されています。あいかわらずウィンドウタイトルが空白ですが、それくらいはちょっと時間を取れば直せる範囲です。

というわけで、結果だけ書いてみるとあっさりしてますが、ドライバのインストールでかなり苦闘の末、Windows95でSuika2を動かすことに成功しました。

なんでこういう活動をしているかというと、移植作業をすると、潜在しているバグが表に出てくることがあり、コードの品質向上につながるのです。たとえユーザがいなくても、Raspberry PiやFreeBSD、NetBSDへの移植も、そういう目的で行っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

code