Certumの証明書を取得した話

自作アプリを配布するにあたって、SmartScreenの警告画面が鬱陶しくなったので、コードサイン証明書を個人でも取得できるところを探してみました。その結果、他のブログで紹介されていたCertumを選ぶことにしました。

Certumの証明書は、カードリーダを接続して使うタイプと、クラウド型のタイプがあるようです。私はポーランドからカードリーダが届くまで待てなかったので、クラウド型を選択しました。Open Source Code Signing in the Cloudという商品です。

まずは購入します。このとき使ったメールアドレスを後々使っていくことになるので気をつけます。

購入するとメールが届きます。リンクを開いて証明書の作成を開始します。SHA256しか対応していませんでした。LocalityはTokyoでOKでした。

さらにメールが来ます。次の項目が必要と書いてありました。

  • 身分証明書の両面スキャン(パスポートの顔写真のページと表紙で通した)
  • 公共料金の明細のスキャン(要、英文住所記載。ゆうちょ銀行の残高明細で通した)
  • OSSプロジェクトのURL(著作権のところにフルネームが入っている必要がある)

以上を用意したら、ccp@certum.plにZIPファイルで送りつけます。営業時間内なら数十分で処理されます。

さらにメールが届きます。ここから先は24時間以内にやらないといけないそうです。まず1通目、証明書のダウンロードページへのリンクがありますので、ダウンロードします。次の1通のメールに書かれている6桁のシークレットを控えたら、さらにもう1通のメールのリンクを開きます。すると、QRコードが出てきます。

ここで、Simply Signという名前のコードジェネレータをスマホにインストールするのですが、iPhoneかiPadが必要になります。なぜなら、Android版は日本向けに配信していないからです。Simply SignのiOS版をインストールして、先ほどのQRコードを読み込みます。すると、コードジェネレータとして機能するようになります。

さらに、WindowsでもSimply SignのWindows版をインストールします。インストール後、メールアドレスと、コードジェネレータの吐き出すコードを入力すると、セットアップが完了となります。

signtool sign /n "Open Source Developer, Keiichi Tabata" /tr http://time.certum.pl/ /fd sha256 suika.exe

Windows版のSimply Signにログインしている間だけ、秘密鍵を所有していて、サインできるという仕組みのようです。

コードジェネレータの端末が壊れたら、オペレータと英語でやりとりしないと復旧できないと思います。つらつらと書いてきましたが、結構オペレータと英語でやりとりしました。

さて、自作アプリがどれくらいダウンロードされたらSmartScreenの警告が消えるか、後日追記しようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

code